闇 窪 - 闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

窪 闇 闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

窪 闇 一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

窪 闇 一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

窪 闇 一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

窪 闇 闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

窪 闇 闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

窪 闇 闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

窪 闇 一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

窪 闇 闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

窪 闇 闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

相手が姿を現すと思いきや、一枚の画像が送られてきたという。

  • ネット上では批判的コメントもありましたが、『ぜひ情報交換したい』と好意的な意見も複数頂いています」(広報担当) 中国政府は、中国製ワクチンの民間輸出を認めていないが、それに対しては「中国政府の意図はわからない」と答えた。

  • 連絡してみると中国シノバック社製で、手付金を振り込めば1週間後に渡すと回答があった」 奥窪氏はその後「本物か確認したい」と業者に告げると、都内某所を指定してきた。

闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

当日、筆者は約束の場所に到着したがそこは無人。

  • 家電や衛生用品を販売する東亜産業が医療・介護従事者に向けて「中国国内において接種された実績」があるワクチンを「独自ネットワークを駆使して」入手したという営業文書を送付していたのだ。

  • そこで筆者は会社経営者を装い、投稿者「N」にメッセージでワクチンの価格を尋ねた。

一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

その間、Nからは再び複数のメッセージが届いていた。

  • こうした途上国向けのワクチンが、密輸業者用に横流しされている可能性は考えられます」(医療事情に詳しいジャーナリストの村上和巳氏) 実際、都内で複数店舗を展開するキャバクラグループの代表はこう語る。

  • 新型コロナの感染が急拡大し、第4波の真っ只中にあるいま、日本はワクチン接種率が2%と先進国で最低水準にとどまっている(4月29日現在)。

一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

「そのときいた公園の一角の写真で『この草のうしろ』とメッセージが来て、覗いてみると注射器の入ったペンケースがあったんです。

  • 結局、この透明の液体の正体を特定するには至らなかった。

  • 対面取材を試みようと、筆者はNにワクチンの手渡しを申し入れた。

闇ワクチン密売業者に接触。指定された場所に「1本15万円」の注射器(週刊SPA!)

「ワクチンの絶対数が不足するなか、国民全体に行き渡るまでに時間を要するので、社会貢献の一環として、医療機関の院長など非常に限られた方々にお手紙を出しました。

  • 5月中旬にSNSで暴露され炎上したが、当事者はこう答える。

  • 「FRIDAY」2021å¹´5月21日号より 取材・文:奥窪優木 FRIDAYデジタル. とくに『シノバック』社製は東南アジアなど発展途上国を中心に大量輸出されている。

一本15万円…新型コロナ「闇ワクチン」のヤバい違法販売手口(FRIDAY)

その言葉に従い草をかき分けてみると、レジ袋に包まれたずっしりと重い保冷バッグを発見(5枚目写真)。

  • しかし、いずれも「新型コロナワクチンと特定するための設備や知見がない」との理由で断られてしまった。

  • 何とかしなければと調べているうちに、同業者から『闇ワクチン』の存在を知りました。

    関連記事



2021 somnathdutta.com